相洙ハーブランド

HomeHome おすすめ旅行 現場体験 相洙ハーブランド
Print

基本情報

  • 所在地忠清北道清州市西原区南二面芙蓉外川ギル18(南二面)
  • お問い合わせ82-43-277-6633
  • 観光地情報相洙ハーブランドは、20,000坪の敷地で500種余りのハーブを育てているハーブ園である。約3000坪規模からなるガラス温室の暖かい農園では、冬でも鮮やかな緑色をしたハーブが咲き誇っている。相洙ハーブランドは、365日花が枯れない所で有名である。また、多様なイベントも開催され、ハーブ祭りや結婚式、宴会場、体験教室などもある。
  • ホームページhttp://www.sangsooherb.com

観光地紹介

相洙ハーブの真の価値

例えば、相洙ハーブの価値は、15年前に韓国で初めてこの地にハーブを定着させ、全国に普及してきたハーブの先駆者としての役割を挙げることができるでしょう。しかし、相洙ハーブの真の価値は、ハーブ産業に関する一世界水準の競争力を持つ、最精鋭の園芸技術力を保有しているというところにあります。現段階において相洙ハーブの注目すべき外面的成長は、そのような卓越した技術力背景が生み出した必然の結果なのです。

このような技術力背景が、まさに、対外輸入依存度がほぼ100%に近い国内のハーブ関連事業体とは明白に異なる点であり、次世代ハーブ産業のリーダーとして、韓国ハーブの未来を担保する真の価値なのです。私たちは、その起業価値の実現に向けて、次の4つのモットーを使命とし、日々精進しています。

観覧時間(365日年中無休)

ハーブ観覧 春、夏、秋(3月~11月) 午前9時~午後7時
冬(12月~2月) 午前9時30分~午後5時30分まで
ハーブの城レストラン 年中 午前10時~午後10時まで
相洙ハーブショップ 3階 Main Shop 午前9時30分~午後7時まで
Sub Shop 午前9時30分~午後10時まで

ハーブ祭り

造景価値として、或いは、芳香・防虫剤としてのハーブ植物の理解など、多様なハーブの利用方法を広く伝えて普及し、国民の健康づくりを向上させるための場として開催。たくさんのイベントやハーブセミナーを催すことで、一般の人々にハーブを学問的に広く知らせている。また、ハーブ体験を通じて、子どもたちの教育の場も設けている。

観覧コース

ハーブ展示場→ ハーブ公園 → ハーブ生カーペット → 椅子岩、ハーブ竜宮、龍松、千年松などの希少な岩や松 → 白玉薬水 → ハーブの鉢植え、ハーブ室内庭園 → ハーブ休憩所 → ハーブトンネル → 花ご飯 → ハーブの城 → 展望台

周辺観光地

清州古印刷博物館10km(20分)、大清ダム7km(10分)、文義民族博物館7km(10分)、清州上党山城15km(20分)、大田EXPO科学公園15km(20分)、鶏龍山国立公園23km(30分)

アクセス

高速道路

  • 下り(ソウル発) → 京釜高速道路、中部高速道路・清原ICを出ると、すぐ左手に相洙ハーブランドが見える
  • 上り(釜山発) → 京釜高速道路・清原ICを出ると、すぐ左手に相洙ハーブランドが見える。

国道

  • 大田から清州方面に国道17号線を進むと、清原ICの手前で左手に見える。
  • 清州から大田方面に国道17号線を進むと、清原IC付近で右手に見える。

鉄道

  • 芙江駅で下車後、清州方面行きのバスに乗り、清原ICで下車。(15分所要)
  • 新灘津駅で下車後、清州方面行きのバスに乗り、清原ICで下車。(30分所要)

高速バス、市外バス

  • - 清州高速バスターミナル、市外バスターミナルで下車後、400番(座席)、450番バスに乗って清原ICで下車。(40分所要)

位置情報