米東樹木園

HomeHome おすすめ旅行 遊びとレジャー 米東樹木園
Print

基本情報

  • 所在地忠清北道清州市上党区米院面樹木園ギル51(米院里)
  • お問い合わせ82-43-220-6101
  • 観光地情報米東樹木園は、朝鮮半島及び忠清北道の山林の現況が一目で分かり、山林の目盛りの基準的役割を担っている。忠清北道に生息する各樹木の標本がパノラマのように広がっている。ここでは、地域山林の構成と分布図が分かりやすく説明されており、また、森が人間に与える恩恵を体験することができる。
  • ホームページhttp://forest.cb21.net

観光地紹介

米東樹木園は、朝鮮半島及び忠清北道の山林の現況が一目で分かり、山林の目盛りの基準的役割を担っている。忠清北道に生息する各樹木の標本がパノラマのように広がっている。ここでは、地域山林の構成と分布図が分かりやすく説明されており、また、森が人間に与える恩恵を体験することができる。米東樹木園は、250万㎡ 規模の敷地に、約900種70万本の植物が植栽されている、中部圏最大の樹木園である。野生草花類、有実樹園、針葉樹園、クヌギ園、カエデ園、暖帯植物園など、10を越える専門樹木園をはじめ、忠北山林科学博物館、木材文化体験場、樹木山野草展示園、昆虫生態園、生態体験探訪路、MTBコースなどが設けられており、自然にやさしいウェルビーイングな休息空間として脚光を浴びている。

詳細情報

中部内陸の郷土自生植物の遺伝子源の保存、増殖と研究を目的に造成された米東樹木園は、遺伝子保存園、ウチワノキ園などの樹木専門園をはじめ、全国初の木材文化体験場、山林科学博物館、山林環境生態園、山野草展示園などの多様な施設が設けられており、山林文化の名所として多くの人々から愛されている。また、自然を大切にするための様々な体験学習プログラムが開発、運営されており、道民と共生する樹木園として発展している。

樹木園の役割

樹木園は、多様な遺伝資源を収集、保全し、植物遺伝子の価値を持続させる研究や管理、展示することで、植物に関する知識を広く伝え、健全な山林環境文化を先導する施設である。樹木は、私たちになくてはならない山林資源であるため、自然を美しく作り上げるこれらの樹木を植えて親しむことで、誰にでも容易く、そして静かに休息をとりながら、自然について勉強できるように構成されている。また、中部内陸の山林研究のメッカとしての役割を果たすために、先進林業技術を積極的に活用し、研究及び開発と普及、林業生産性の向上と山林環境の生態保全に貢献している。私たちに必要な樹木の新品種の開発と試験、及び森を利用するにあたって必要な研究をしており、各種の樹木と野性草花類を品種別に展示している。山林病害虫による被害を防除するために、研究を通して被害を最小化し、希少、滅亡危惧におかれた野生動物や蝶類、水生植物などを保護、増殖させる生態教育環境を造成し、道民が楽しく自然を感じながら観覧できる教育の場と、快適な山林休養空間を提供。樹木園内に山林教育館を設立し、青少年や私たちの後世に歴史的、社会的教育の場として活用できるようにした。

概要

山林教育館を設立し、山林の重要性と価値に対して開かれた教育ができる各種資料と現代的な視聴覚施設を整えており、また、国花の大切さを知らせるために2万本の固有品種を植栽した「ムクゲ統一の丘」を造成、風格のあるムクゲをいつでも見る事ができる。

主な施設

遺伝子保存園、裸足の森の道、温室及び山野草展示園、蝶生態園、木材文化体験場、山林環境生態園、水生・湿地園、探訪路、カエデ園、ウチワノキ園、ムクゲ園、山林科学博物館、 潅木園、広場など。

利用時間

  • 3月~10月 : 09:00~18:00
  • 11月~2月 : 09:00~17:00

休園日

毎週月曜日、1月1日、旧正月、秋夕

アクセス

清州 IC → 並木道(1.2km) → 3循環路(11.1km) → 丹斎路(18.4km) → 到着

位置情報