蓮華堤

HomeHome おすすめ旅行 生態体験 蓮華堤
Print

基本情報

  • 所在地清州市興徳区壮岩洞サン39-1
  • お問い合わせ82-43-201-2044
  • 観光地情報旧名「チャンバウィジュク」。1900年代初期に、13,200㎡からなる貯水池に造成された。地域農民に大豊作の夢を与える希望の堤防に「蓮」が自生したことで、「蓮華堤」と呼ばれるようになった。健康志向の時代を迎え、地域住民たちの憩いの場として、また、清州市民たちの観光スポットとして名所化しつつある。

観光地紹介

村の紹介

清原蓮花村(弓峴里)は、元来、清州郡西江内二上面地域で、弓のような形をした地形から「弓峴里」と言われました。
伝説によると、三国時代に、百済の辰斯軍が王の命で北方を守備していた際に高句麗軍が侵入し、激戦の末に敗れ、弓を折って姿をくらました峠と言われ、「弓峠」、即ち「弓峴」と呼ばれたと言われています。


恩積山の“気”を受ける「清原蓮花村(弓峴里)」は、江西面の南端に位置し、地域住民が互いに助け合いながら暮らす、静かで平和な村です。産業文明の著しい発達によって、小さな田舎村にも工場が立ち並び、道路が拡張されるなどの煩雑を極める今日において、全国の交通の中心地に位置していながらも、クリーンな自然環境と美しい農村の情緒がそのままに保存されている村です。
弓峴里(清原蓮花村)は、1917年の行政地区の改編に伴い、コンドル、プントゴル、パンアダリ、プリャンが合併して弓峴里と呼ばれるようになり、江内面に編入されました。


清原蓮花村は、より望ましい未来を夢見て実現を図る村で、都市と農村間の美しい交流の場でもあります。
エコ農村体験村として、全国的にその名を知られつつある清原蓮花村は、2007年に全国農村マウルづくり競進大会で、農林副長官賞を受賞しました。


学校や職場で、或いはサークル、家族、友達と一緒に楽しめる、近場のローカルスポットをお探しですか。
子どもたちに、農村の情緒を経験させてみたいと思いませんか。
遠くへ行かずとも、自然の澄んだ空気を吸いながら、香り高い蓮花や癒しのある野花の中で、ゆっくりと安らげる所。
そんな、美しい村があります。


ここは、「清原蓮花村」です。


清原蓮花村には、黄土チムジルバンが備わっている宿泊施設や、食事と会合、宿泊可能なエコ体験、40人収容可能な室内イベント及びセミナー施設があります。
そして、もう一つの清原蓮花村の魅力は、1000坪規模の多目的広場です。
多目的広場では、200人規模の野外イベントが可能です。
イベント用のテントやテーブル、アンプも具備されており、体育大会やエコ農村現場学習、フットサル、バスケットボールができる体育施設とシャワー室を完備しています。


清原蓮花村では、有機農法で直接栽培した蓮花で作った、蓮葉飯、蓮花のチヂミ、蓮のトックク、蓮のきしめん、蓮花茶、蓮葉韓菓を販売しています。
また、エコ・ブランド米の「チョンゲグリ米」や上質な地蜂蜜を生産、販売しています。メニューにはない季節の料理やバーベキューだけでなく、よりお手頃な価格で提供できる団体用のメニューも幅広く承ります。
たくさんのご利用お待ちしています。

観光地紹介

清州の粉坪洞から壮岩洞へ越えると、村の奥に蓮華堤がある。貯水池の中央に八角亭が設置されているため、蓮の花に囲まれて休息をとることができる。貯水池から眺める日の入りも美しく、田舎風景が広がる西の野に沈む夕陽は、他のスポットに匹敵するほどの美しさである。夜には、太陽熱を利用した街路灯の灯りが堤防を照らし、ナイトスポットとして人気がある。

アクセス

清州 IC- 並木道沿いを4.94km移動 – トンネル交差点で「大田、バスターミナル」方面に右側方向 - 2循環路沿いを5.24km移動 – 高架道路進入後、2循環路沿いを1.62km移動 - 「壮岩洞」方面に右折 – カジャン路沿いを958m移動 - 右折 -カジャン路沿いを213m移動 – 左側方向 -カジャン路313番ギル沿いを261m移動 - 到着

位置情報